【紙・パルプ業編】連続増配・非減配からみる高配当株

本記事では、紙・パルプ業の業種に属する企業の高配当銘柄を分析します。
選定基準として連続増配、連続非減配の年数に重点を置いています。5年後、10年後には実質利回り5%を超えるような銘柄を見つけることを目的としています。

この記事からわかること
  • 紙・パルプ業の配当利回り3%超えの銘柄一覧
  • 個別銘柄の連続増配・連続非減配の年数
  • 筆者が配当目的で長期投資したい銘柄
スポンサーリンク

配当利回り3%超え銘柄とそのまとめ

※引用元(IR BANK)にあるデータの都合上、算出可能な最大の連続増配/非減配年数は13年です。
 実際は13年以上の場合もありますのでご了承ください。
※傾向に記載されている「〇」「×」の基準は以下です。

配当
減配を一度もしていない。
直近5年で2回以上増配
直近5年で減配を一度もしていない
直近5年で減配あり
業績
純利益が増加傾向
純利益に大きな変化なし
純利益が減少傾向

紙・パルプ業における注目銘柄

ここからは私が選ぶ注目銘柄を紹介します。

第1位 イムラ封筒 [3955]

第1位はイムラ封筒です。連続増配年数は5年であり、業績も順調に伸ばしています。来期の純利益も増益を予想しており、それに伴った増配も期待できます。

一株配当配当利回り連続増配連続非減配配当増額
(5年)
PERPBR
30円3.48%5年9年20円
(2.99倍)
7.90.59
引用元 IR BANK

第2位 レンゴー [3941]

直近4年間の純利益の伸びは落ちてきていますが、売り上げは着実に伸ばしてきています。今後の業績の伸び・配当の増加に期待をしていきたい銘柄です。

一株配当配当利回り連続増配連続非減配配当増額
(5年)
PERPBR
24円3.40%0年13年12円
(2.00倍)
6.70.51
引用元 IR BANK

第3位 大石産業 [3943]

純利益は横ばいですが、わずかに上昇傾向であり、配当も着実に増配している企業です。来期は減配予想を出しているので配当額の上方修正がある場合は投資を検討したいです。

東証への上場は2022年のため株価チャートは福岡証券取引所での株価を利用しています。小型銘柄ということもあり、日々の出来高がかなり少ないのでその点には注意が必要です。

一株配当配当利回り連続増配連続非減配配当増額
(5年)
PERPBR
60円3.43%1年13年14円
(1.30倍)
5.90.43
引用元 IR BANK

Twitterにて更新状況をお届け中

ブログの更新情報、紹介銘柄の配当利回りチャートなどの情報を定期投稿しています。
ぜひフォロー・いいね!・RTをお願いします

長期的に見て高い配当利回りを目指して

私は長期的に強いポートフォリオを作るために必要な観点は次の4つだと考えます。

  • 増配可能性が高いこと
  • 減配のリスクが低いこと
  • 業績が安定しており、配当性向が高すぎないこと
  • 業種の分散がされていること

本記事が皆さんの分散投資のお役に立てばと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました